バルバレスコ・モンテステファノ 

リヴェッラ

イタリアの最も偉大な赤ワインといえばトスカーナのブルネッロ、ヴェネトのアマローネ、そしてピエモンテのバローロとバルバレスコと言うことができるでしょう。バローロ、バルバレスコどちらもネッビオーロと呼ばれるピエモンテ特有のブドウから作られます。

これらはそれぞれ隣接したバローロ村、バルバレスコ村を中心とした地域で生産され、その地域の違いがそのままワインの特徴となって現れます。さらにバルバレスコのなかでもそれぞれの丘や畑によってさまざまな特色があります。

よくバローロは男性的、バルバレスコはエレガントなどといわれますが、バローロ同士、バルバレスコ同士においてもブトウ畑や製造者により多様性があり、一概に述べることは出来ません。どちらも本来は長期熟成を前提にしており、時が経つにつれてルビー色からレンガ色に変化し、味わいは深みと熟成感を増していきす。

 

リヴェッラは先代より引継いだモンテステファノと呼ばれる一級畑で夫婦二人だけで、バルバレスコと自家消費程度のドルチェットを作り続けてきました。 彼らのバルバレスコには一切派手なところがなく静かで優しく品格が有り、典型的なバルバレスコでありながら、また唯一無二のバルバレスコと言えるでしょう。