バレーナ

“バレーナ”は1870年、チェーザレ・バレーナがフィレンツェで創業したアンチョビー専門メーカーです。 その後当時のバレーナのディストリビューターであったグゥエラ家が引継ぎ、今日にいたっています。

以前は“バレーナ”の製品は唯一アンチョビペーストのみでしたが、現在はアンチョビフィレオイル漬け、コラトゥーラと呼ばれる塩蔵アンチョビーの上澄液、さらにツナオイル漬け等も製造しています。

 北スペイン沖カンタブリア海域で漁獲されたカタクチイワシが新鮮なうちに地元の女性たちによってすべて手作業で処理され、塩蔵され、その後オリーブオイル漬けにされます。

 鮮度のよいカタクチイワシをしっかりと塩漬けし、さらに時間をかけて塩抜きをして、初めて鮮やかな色、自然な質感、豊かな風味の“バレーナ・アンチョビフィレオイル漬け”が誕生します。ペーストはこのフィレをすり身にし、使いやすいアルミチューブ詰めにしています。

これらバレーナの製品は、原料であるカタクチイワシ、塩、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル以外、添加物及び保存料等は一切使用しておりません。