バローロ 

ジュゼッペ・リナルディ

ジュゼッペ・リナルディは19~20世紀のバローロの歴史そのものです。

1870年にファレッティの荘園の一部であった由緒ある畑と建物を譲受け8haのブドウ畑でワイン作りを始めました。そして今でもまったく変わらぬ姿でバローロ村の入口にリナルディ家はあります。 個性的な人柄から皆からベェッペと親しまれ尊敬されていましたが、2018年70歳になる直前に亡くなりました。

そして娘のマルタとカルロッタが、ぶどう栽培、収穫、ティーニャと呼ばれる円錐台形の木樽で行われる長期醗酵とマセラシオン、スロベニア産の大樽での熟成とすべての過程において人為的なコントロールを排し自然にゆだねた伝統的なワイン造りを引継ぎました。

カヌッビおよびブルナーテの一級畑を中心にクラシックパローロの王道を行く2種のバローロとネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェット等が製造されていますが、おおらかで親しみやすさと奥深さをかねそなえた味わいはリナルディのすべてのワインに共通したもので、まさにベェッペそのものです。