AGRICOLTURA BIOLOGICA

有機農法 MiPAAF IT BIO 007

エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル

アウローラ

オリーブ畑はエトナ火山の火山灰地海抜250mの丘の南斜面に位置し、ここで産出されるオリーブオイルはD.O.P.“MONTE IBLEI”に認定されています。 おもにノチェラーレ・エトネア、トンダ・イブレーア、ビアンコリーナと呼ばれるオリーブが栽培され、10月末にはイタリアでも最も早く収穫されます。

 

アウローラは自然に沿った農薬を使用しない栽培法、手摘みによる収穫、コールドプレスと呼ばれる方法で搾油され、また検査認証機関BIOAGRICERTにより有機農法であると認定されています。

まろやかでふくらみのある豊かな香りと甘味があり、いわゆる南イタリアの強く重たいというイメージとはかなり違います。また色もトスカーナのオイルに代表されるような緑がかったものではなく黄金色で、どこかのどかでゆったりとした性格から、野菜や肉および魚料理等大抵のものに適しており、素材そのものの味、香りを引き出す力があります。

 

AGRICOLTURA BIOLOGICA  MiPAAF IT BIO 007 

イタリア農林食品省管理下の認証機関