サン・コロンバーノ・アル・ラムブロ 

バニーノ

サン・コロンバーノ・アル・ランブロは、パヴィアの低地とローディの平地の間に位置し、ミラノ県に属する小さな町です。

パニガーダ家は三世代にわたりこの町でサルメリーア(サラミ、ハム等塩漬け肉加工品製造の食料品店)を営み、店で売るためにバニーノという変わった名前のワインを作ってきました。

6世紀にアイルランドの修道士サン・コロンバーノがこの地にキリスト教と一緒にブドウ栽培をもたらし、そしてその住民たちはバニーニと呼ばれていました。

これがバニーノというワイン名とカンティーナのシンボルの由来です。

 カンティーナは町の中心街にあるサルメリーアに隣接し、バルバロッサ城に通じる最も美しく特徴あるヴィットーリア通りに面しています。 中庭にはブドウの圧搾所と醸造所があり、地下の古いカンティーナには小さな試飲スペースがあります。

 La Merla、Baraccaと呼ばれる1.4haほどの畑は、町を見下ろすなだらかな丘陵の南斜面に位置し、除草剤は使われず刈り取られた草花は分解して畑を培います。そして収穫は圧搾までブドウが潰れたりしてダメージを受けないようにすべて手摘で小さな箱を使って行われます。

 

 Banino Bianco  Collina del Milanese I.G.T.

  ブドウ : Sauvignon, Riesling, Chardonnay

  フルーティーでミネラルを感じる香り、やわらかく

  エレガントなワインです。

 

 Banino Rosato  Collina del Milanese I.G.T

  ブドウ : Uva Rara

 

 Banino Rosso Traquillo San colombano D.O.C

  ブドウ : Barbera, Croatina, Uva Rara

 

 Banino Rosso “Vigna La Merla”San colombano D.O.G

  ブドウ : Barbera, Croatina, Uva Rara, Merlot,

        Cabernet Franc